> >

ESTA申請手続きESTA申請手続き

ESTA必要事項記入 申請フォームへはパスポート記載情報と同じものを記載し、内容に不備がないかを必ず確認しお申し込み下さい。 申請後、ESTA申請情報の情報変更は行えません。修正を行いたい場合、再度申請が必要です。入力間違いによる渡航保証は致しかねます。
項目は全て必須入力です。必ず受信できるメールアドレスをご指定下さい。
※半角英数字で入力してください
※半角英数字で入力してください
 
   
両親の姓名をを半角英数字で入力してください。
片親または両親の氏名が不明な場合は、それぞれUNKNOWNと入力もしくは以下のボタンから設定して下さい。

両親の姓 1: 両親の名前1:
両親の姓 2: 両親の名前2:
ESTA渡航申請書をパソコンのメールアドレス宛に送ります。

(半角英数字)必ず受信できるパソコンEメールアドレスを指定。携帯電話アドレスはご遠慮下さい。
フリーメール(yahoo・goo・nifty・ybb・hotmail・msn等)をご利用の申請者様は迷惑メールフォルダへ振り分けられる可能性が御座いますのでご確認お願いいたします。
英語での記入が必要です。全て半角英字で記入してください。
都道府県/州/地域
都市
住所
英語住所が不明な場合は不明ボタンを押すか、 こちらの日本語英語変換サイトにて調べることが可能です。

出生都市を半角英字で入力して下さい。
不明もしくは英字不明の場合は不明ボタンを押して下さい。
※半角英数字で入力してください
タイプ: 国番号
電話番号
全て半角英数で記入してください。
   
   
   

   

   

   

   

   

   
1) 身体的あるいは精神的な障害があるか、薬物乱用者あるいは中毒者であるか、現在以下に挙げる疾病のいずれかに罹患していますか?該当する方は以下の項目に該当するかご確認下さい。

伝染病 軟性下疳、りん病、鼠径部肉芽腫、感染性らい病、性病性リンパ肉芽腫、感染性梅毒、活動性結核症などの該当者は「Yes」を選択下さい。

身体的または精神的障害
身体的または精神的障害に関し、下記に該当する場合、この質問に「はい」と答えてください。
(a) 現在、身体的または精神的障害を患い、その障害に関連して、自分または他の人の財物、安全または福利を脅かす可能性があり、あるいは脅かしたことがある行動を取った履歴があります。
(b) 身体的または精神的障害を患っていたことがあり、その障害に関連して、自分または他の人の財物、安全または福祉を脅した行動を取った履歴があり、その行動が再発または他の有害な行動につながるおそれがあります。

下記に該当する場合、「いいえ」と答えてください。
(a) 現在、身体的または精神的障害を患っていません。
(c) 現在または過去に、身体的または精神的障害を患い、その障害に関連する行動がありますが、その行動は自分または他の人の財物、安全または福利を脅かしたことはなく、過去に脅かした行動もなく、現在そして今後も脅かすことはありません。

(d) 身体的または精神的障害を患ったことがあり、その障害に関連して他の人の財物、安全または福利を脅かした行動がありましたが、その行動は再発しそうにありません。

麻薬常習者または麻薬中毒者
「Yes」を選択ください。米国法に基づき、麻薬常習者または麻薬中毒者と判断された人は、入国を認められない可能性があります。
   
2)他者あるいは政府当局に対する重大な器物破損または傷害行為を招いた犯罪で逮捕されたり有罪判決を受けたりしたことがありますか?
   
3)違法薬物の所持、使用、流通に関連した法律に違反したことがありますか?
   
4)テロ行為、スパイ活動、破壊工作、大量虐殺に関与するつもりですか?あるいはこれまでに関与したことがありますか?
   
5)自らあるいは他者が米国査証を入手したり米国に入国したりするために、これまで詐欺を行ったり、自身あるいは他者を偽ったりしたことがありますか?
   
6)米国のビザまたは米国入国を拒否されたことがありますか。または、発行された米国ビザを取り消されたことがありますか?
Yes     No
7)現在米国においてを求めているか、以前に米国政府の事前許可を受けずに米国で雇用されたことがありますか?
   
8) 米国政府により承認された期間を超えて米国内に滞在したことがありますか?
   
9) 2011年3月1日以降、イラク、シリア、イランまたはスーダンに渡航あるいは滞在したことはありますか?
   
米国ESTAのWebサイトに掲示されている下記の権利の放棄と証明について同意・トップページの補足事項(利用規約)などの 同意事項のすべてにご同意いただける場合のみ申請を進めて下さい。