> > >

未成年者の米国グアム渡航の準備

未成年者に対してきちんと対応を行っておかないとトラブルになる事例があるためここでは未成年者のアメリカ渡航に 準備しておいた方がいい未成年者の渡航同意書について記載していきます。

なぜ求められるのか?
アメリカ合衆国税関・国境警備局 (CBP:United States Customs and Border Protection)の方針によると、18歳未満の方が単独または片方の親同伴や修学旅行や研修旅行など団体渡航で渡航する場合、両親または同行しない親からの「渡航同意書」(英文)が必要になる旨が通達されています。

但し、入国審査の際は、この同意書や家族である証明書を最初から提示する必要はありません。
現地の米国入国審査官から何か質問された場合の時も考え、未成年者を連れてグアム渡航する場合は、 この渡航同意書の携行をおすすめします。


渡航同意書の書式は?

この米国合衆国が定める渡航同意書は、規定の書式は存在しないため自由フォーマットで問題ないそうです。
未成年の渡航同意書をダウンロードすることも可能ですので、ぜひご活用ください。

ESTAの申請を開始

なぜ渡航同意書の書類が求められる場合があるのか?

父母の双方が親権を有する場合に(通常の既婚者)、一方の親権者が子を他方の親権者の同意を得ずに国外に連れ出すことを刑罰の対象としていることがあります。
ようするに、離婚前に子供を連れた出してしまうことなどを防ぐ目的ですね。
片親が被害届を提出し、誘拐のような行為を行ってしまいますと実際に、子を誘拐した犯罪被疑者として逮捕されたり、国際手配される事案も生じているようですので注意が必要です。犯罪者扱いされないようにするための背景があるため子供の旅行の際には同意書を用意した方が安全で、誤解されないためにも書類は準備しておいた方が万全です。

最新 重要情報

米国国土安全保障省 税関・国境取締局は、ESTAによるグアム入国を推奨しています
ESTA取得者は入国書類(I - 94 / I - 736 )の記入が免除になり、審査も簡略化されます。
空港での入国手続きの短時間化に向けて、皆様のご理解をお願いいたします。

ESTAの申請を開始


エスタの申請を開始

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ