ビザ無し米国渡航入国手続きにはESTA申請が必須です!

  1. ESTA申請ステップ:1

    申込みフォーム上へ必要事項を記入前にESTA申請に関しての利用規定よく読み、クレジットカードによる申請手数料の決済を行って下さい。

  2. ESTA申請ステップ:2

    ESTAのお申込内容に不備がない場合、当センターにて米国CBPデータベース登録代行を開始。申請スタッフにより最短当日には処理を完了致します。

  3. ESTA申請ステップ:3

    米国ESTA.CBP.DHS.GOVからのエスタ(電子渡航認証)申請受理され渡航許可がでれば渡航可能状態です。申請者へEメールにてESTA申込み控えをお送りいたします。

ESTA申請サービス紹介

ESTA申請(エスタ)電子渡航認証システムとは
日本はUnited States Department of Homeland Securityが定めた米国のビザ免除プログラム(VWP)に参加しています。このアメリカ合衆国国土安全保障省DHSが定めたビザ免除プラグラムに基づき、2009年1月12日より、
日本国籍の方でハワイ・アメリカ等に「90日以内の短期滞在目的で渡航する方」、もしくは「アメリカ経由で第三国に渡航する方」は、アメリカ合衆国国土安全保障省によりビザの取得が免除されました。短期商用や観光・トランジットなどでアメリカへ旅行される方はESTA申請が必須です。 各種注意事項を読み同意された方は、以下のお申込み申請ボタンから申請をスタートしてください。
当サイトESTA申請サービス費用は米国合衆国公式ESTA.CBP.DHS.GOVの電子渡航認証費用14ドルを含んだ費用となります。
日本国籍保持者は90日間以内の渡航で有効なICパスポート保持者、クレジットカードを所有している方がESTAの申請可能です。 その他、国籍者は以下のESTA申請可能国リストから自身がESTA申請の対象国であるかをご確認の上ESTA申請を進めてください。


ESTAの申請を開始

*ビザ免除プログラムは、現在下記の国籍の方に適用されています。
アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、韓国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾英国(イギリス)


この「米国ビザ免除の対象者」は、米国ビザ免除の一方で、ESTA申請(電子渡航認証システム)を通して申請を行い、
電子渡航認証を得ることが義務付けられています。アメリカの公式安全基準を遵守するため、ESTAの申請は必須です。
申請結果確定までの時間は個人差があるため、渡航が決まったら前もった申請をおすすめ致します。
グループ申請は現在行えないため、1件1件のESTA申請となります。
エスタ申請代行手続きセンターでは分かりにくいESTA申請を日本語にてサポート致します。
1、ESTA申請を申請者に代わり電子代行システム手数料7,400円(税込、米国CBP認証費用14ドル含む)にて行います。
2、ESTA(電子渡航認証システム)申請受付時間は365日間24時間年中無休です。
3、サポートメール、申し込み控え、申請結果(申込み控え)メールをお送りします。
5、初めて渡航される方など、ご不安なことなどございましたら申請後メールにて無料でご質問にお答えいたします。

エスタ申請お申込み

下記の条件に当てはまるビザ無し免除渡航の場合、ESTA(電子渡航認証エスタシステム)に申請可能です。
「ESTA申請ビザ免除プログラム対象国」の国籍でICパスポートをお持ちの方  ※日本国はESTAが必要な「ビザ免除プログラム対象国」の対象国です。
・アメリカ合衆国50州、 またはアメリカ経由で他国に渡航する方 ※ハワイ・アラスカへの渡航者を含みます。
・米国滞在予定期間が90日以内
・渡航目的が観光・商用・通過(トランジット)(米国ビザを保有されていない方)
・イラン、イラク、スーダン、シリアへの渡航歴がある場合、情報提出が必要
・イラン、イラク、スーダン、シリアの国籍を保持していない方

渡米目的が長期滞在、就労、留学等の方、米国ビザにてに渡航の方(例:米国への渡航目的 が長期留学であり、
90日間以上の滞在を予定している方はビザ免除プログラム(ESTA)を利用できません。
この場合、ESTA申請も不要となる替わりに、アメリカ大使館でのビザの取得が必要となります。

上記すべてに該当者する方は補足事項及び利用規約を読み、利用規約に同意の上、以下のESTA申請ボタンから申請ページへお進み下さい

ESTAの申請を開始


補足事項 利用上の注意

最終的な入国判断の決定権はESTA申請とは別途入国地にて税関国境警備局審査官(cbp.gov)による公式な入国審査があります。
ESTA申請の結果、渡航認証拒否となる場合もありこの場合は米国大使館にてビザ申請が必要となります。 ESTA及び米国ビザは入国を約束されているものではなく、渡航し入国審査を得るためのものとなり、最終的な入国可否の判断は現地の入国審査官に最終的な決定権が御座います。 審査結果が渡航認証拒否の場合でも、審査を受けられているため返金の対応は一切致しかねますので予めご了承ください。 当サイトは民間のサービスを提供しております。基本的に72時間以内に申請結果を通知。ESTA.CBP.DHS.GOVにてシステム障害や緊急メンテナンスが発生した場合はこの72時間にカウントされません。ESTA申請は米国国土安全保障省(DHS)の公式サイトに14米ドルにてご自身で行うこともできます申請結果配信までに例外的に72時間ほどかかる場合が御座います。 当サイト提供サービスと米国安全保障局(ESTA.CBP.DHS.GOVのサービスの違いはESTA申請サービス案内よりご確認下さいませ。
エスタ申請提出後のキャンセル返金はサービスの性質上一切お受けできません。 ESTA申請は何度でも審査費用を支払う度に審査を受けれる仕組みとなります。公式アメリカ合衆国税関・国境警備局ESTA.CBP.DHS.GOV上で自身の申請をした場合でも事前連絡がない場合・ストップが間に合わない場合は申請作業が進められている為、ESTA ASIAが米国合衆国へ申請提出したで如何なるキャンセル並びに返金は不可能となります。 申請は成功報酬ではなく当サイト側でアメリカ合衆国へ審査提出時点で如何なるキャンセル返金は行えません。上記事前連絡にて当サイト側の申請処理前の確認が取れキャンセル可能な場合3,650円(税別)のキャンセル料発生にてキャンセル成立となります。
当サイトはESTA申請に不安を感じる方、手続きを面倒に感じる方、英語が分らない方などのためにビザ免除プログラムに基づきESTAの申請を代行しております。申請情報は全て公式サイト上で渡航申請番号から検索し確認可能です。 万が一、申請者様の入力された内容に不備・間違い、その他事由、米国合衆国入国審査官の判断などで米国渡航に支障が生じた場合当サイトは一切の責任を負いません。 個人情報保護方針をご覧ください。

エスタの申請を開始

ESTA申請電子渡航認証システムに関する各種注意事項を読み、全ての当サイト利用規約に同意された方のみ以下のESTA申請申込みボタンから申請をスタートしてください。

ESTA申請
 
エスタ申請費お支払方法

ESTA決済可能クレジットカードブランド

アメックスでのカード決済を行う場合、Paypalから支払うを選択し、Paypalのクレジットカード決済画面へ遷移の上、アメックスカードでの支払いを行ってください。

ESTA申請を開始

ESTA申請
 
インターネットでのESTAお問い合わせ
ESTA申請お問い合わせフォーム
Eメールでのお問い合わせが可能です。お電話での対応は一切行っておりません。