>

サービス紹介

ESTA(エスタ:ESUTA)とは

日本は米国のビザ免除プログラム(VWP)に参加しています。このビザ免除プラグラムに基づき、2009年1月12日より、 日本国籍の方でハワイ・アメリカに「90日以内の短期滞在目的で渡航する方」、もしくは「アメリカ経由で他国に渡航する方」は、 ビザの取得が免除されました。このESTA申請制度によりアメリカ渡航がより身近になりました。

この「ビザ免除の対象者」は、ビザ免除の一方で、ESTA(電子渡航認証システムエスタ)を通してESTA申請を行い、 エスタ申請の渡航認証を得ることが渡航前に取得することが義務付けられています。ビザ無しでアメリカの米国合衆国安全基準を遵守するため、渡航前のESTAの申請が必要です。審査にはお時間がかかる場合もあるため、渡航計画段階での申請するのが無難です。

また、18歳未満の方はESTAを申請した後にESTA未成年の渡航同意書テンプレートダウンロードし、署名をされたうえで入国審査時に入国審査官に提出してください。未成年の渡航同意書の記入例なども記載しております。



アメリカ渡航先別ESTA情報


米国渡航先エリア別のESTA情報は以下のESTA申請解説ページを参考にしてください。 最新の入国情報を入手可能です。
米国を乗り継ぎ(トランジット)第三国へ向かう場合もESTAは必要となります。必ずトランジットでアメリカ合衆国を経由する場合のみでもESTA申請を行って下さい。

>>ESTA申請 米国本土
>>ESTA申請 ハワイ(Hawaii)
>>ESTA申請 グアム(Guam)
>>ESTA申請 サイパン、マリアナ諸島
>>ESTA申請 アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)


再度申請、ESTA更新を希望の方

ESTAに有効期限延長という更新制度はありません。ESTAの有効期限が切れた場合や再度審査を受けなおしたい場合は 新たに新規提出を行い審査を受ける必要があります。更新手続きではなく、厳密には審査を新たに申請を行うことですので、 費用も再度発生します。内容を間違えた場合も同様です。セキュリティ上パスポート登録重要な情報は変更は行えませんので再度申請が必要です。
有効期限は2年となるため頻繁にアメリカへ渡航する方は2年に1度はESTAの申請が必要になります。
以下のページに詳細の情報を掲載しております。
>>ESTA更新と有効期限の案内


ESTAの申請を開始

サービスガイド

ESTAを取得すれば、日本国民や韓国国籍台湾国籍その他国籍保持者は観光、ビジネス等、 90日以内の短期滞在目的で米国を訪問する場合、査証(ビザ)が免除されており、米国の査証を取得する必要はありません。
しかし、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従ってESTA申請を行い、
エスタの認証を受けていないと、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国が拒否されます。米国において乗り継ぎ(トランジット)するケースも、 事前にESTAを受けるべきケースに含まれます。カナダとアメリカを周遊するケースでは米国合衆国のESTAとカナダ政府が発行している電子渡航認証ののeTAの両方を取得する必要がございます。

ただし、エスタ(ESTA)は査証免除者を対象としていますから、既に留学や就労の米国査証をお持ちの方は、
ESTAを取得していれば米国ビザの申請の必要はありません。
ESTA ASIAはお客様の要請でESTA申請を代りに進行するようになります。
ESTA ASIAを通じて申請書の作成を終わらせれば当社のデータ確認システムによってお客様のESTA承認ための、申請書が提出されます。
ESTA ASIAでは、代行手数料7,400円(税込、米国CBP認証費用14ドル含む)の発生のみで、
1、わかりにくく面倒なESTA申請をお客様に代わり代行致します。
2、受付時間は24時間年中無休です。
3、サポートメール、申請結果メールは 平日休日問わずお送りします。
5、初めて渡航される方など、ご不安なことなどございましたらメールでご質問にお答えいたします。
ESTA ASIAでは24時間メールカスタマーセンター運営や全国のセブンイレブン渡航許可証交付など 公式CBPでの申請とは異なった様々な付加価値を付けたサービスをご提供しております。
フォーム上の入力ボックスには記入例を記載し、公式サイトよりスピーディーにそして手軽に申請できるようフォーム改良しております。 ビザ免除プログラム(VWP)とESTAに特化されたサービスを提供します。
しかし、ESTA ASIAはビザ免除プログラム(VWP)の制度の下でアメリカ旅行を計画中の旅行客たちのESTA申し込みを手伝うため、
より簡便な手続きと徹底的な管理サービスを提供しています。
良質のサービスを提供するために専念しています。当社の職員たちはお客さまのESTA申し込みを手伝うために
ESTA申請代行業務に十分な経歴と専門知識を持っています。




ESTA ASIAとCBPのサービスの違い

□ESTA ASIA代行サービス
・申請料金 7,400円(税込、米国CBP認証費用14ドル含む) 
・推薦対応ブラウザ 全てのブラウザ
(インターネットエクスプローラ・Firefox,google chrome,iphone,携帯フルブラウザ,ipad,Andoroid携帯)
・質問は何度でも無料(ESTAに関する質問)
・サポート時間は365日24時間対応
・日本語での質問などが可能
・夜間帯の有人サポートあり
・登録内容間違えの場合はメールにて該当箇所報告での修正が可能。
・申請内容確認はメールでのご質問で回答。
・米国ESTA受理システムエラーの場合は弊社がかわりに対応。
・ESTA渡航申請書をメールで送付
・ESTA渡航手引書を無料配布(ESTA FAQと手引き・渡航認証拒否時の対応方法)
・決済状況の確認無料
・安心の日本円請求 ・専任のコンシェルジェ
・ESTA渡航申請拒否の場合のサポート
・ESTA渡航申請拒否についてアドバイス
・将来的に携帯電話での申請と決済に対応予定2011年初秋
・郵送ESTA渡航証配送(別途費用)
・クレジットカード決済手段に世界トップシェアのPayPalの使用可能
・ユーザーメールカスタマーサポート365日間24時間運営
・セブンイレブンでの渡航許可証交付サービス(無償オプション)
・強度個人情報保護
・NTTPCコミュニケーションズやその他セキュアなサーバーシステム使用で高度暗号化処理サーバーにて 渡航許可証の個人情報保護
・サーバー側でウィルスチェックをしたのちにメールでお送りしております。 NTTPCコミュニケーションズサーバは徹底した入退室管理を行い、耐震設計・空調設備・無停電電源を完備した NTTデータセンターに 設置されており、サーバが安全に稼動出来る環境を確保しています。
使用しているサーバプログラムにセキュリティホールや動作上の不具合が発見された場合は
その都度NTTPCコミュニケーションズのサーバ管理スタッフがメンテナンスを行い、
脆弱性を修正しております。
・専任の担当者が米国旅行・ESTAの疑問をアドバイス
・メールでも確認できるようテキストベースで申請結果を通知 ・上記に追加して渡航許可証(申請の控え)pdf形式で交付
・申請状況の確認をメールで対応。

□公式CBP
・申請料金14米ドル+クレジットカード会社の為替手数料
・ドルベース請求 クレジットカード会社側で為替手数料が徴収
・メールでの申請結果通知は行われない
・推薦対応ブラウザ インターネットエクスプローラ その他SSL対応ブラウザ
・Windows Windows以外のOSをご使用の場合、不具合が生じる可能性があります。 ・メール・電話質問 ESTA申請後の状況確認は行えない
・ESTA一般的な質問の閲覧には要英語。 https://help.cbp.gov/app/home
・コールセンターは米国および日本の休日には閉まります。
・問い合わせの際は英語のフォーム上での質問が必須
・サポート時間は月曜~金曜 日本時間の午前9時から午後6時まで
・夜間帯のサポートなし(米国時間でのみ運営)
・登録内容間違えなどの修正の場合再度最初から申告
・申請内容確認は申請サイト上でのみ
・米国ESTA受理システムエラーの場合は自ら問い合わせが必要
・決済状況の確認不可能

※ESTA ASIA・CBP共にお名前・生年月日・パスポート情報間違えの場合は再度申請審査費用にて 修正再ESTA申請が必要となります。※渡航許可証のコピーや印刷実費は各自ご負担下さい。 間違えた内容で渡航できるかなどの質問は事前に知ることはできないためご回答することはできません。
パスポートの記載情報とESTAの申請情報が一致しない場合、航空会社からチェックイン拒否される可能性が御座います。 また航空公社の判断で搭乗しアメリカへ渡航できた場合でも、 入国時の入国判断は現地の入国審査官が最終判断権を保有しているため、内容を間違えた場合は どのサイトで申請したに関わらず再度申請をおすすめ致します。



セキュリティ基準について

個人保護方針に従って、悪意あるアクセスからから申請者様の個人情報(パスポート情報など)を保護するために高度セキュリティ基準のサーバーに申請情報を保存しております。
またクレジットカード番号情報などは最高のセキュリティ基準でお守りするため、 ESTA ASIAには一切蓄積されることはなく、クレジットカード決済処理会社へ直接送られる仕組みを採用しており、 クレジットカード番号情報などはESTA ASIA上に物理的保管が一切ないため当サイトからの流出する可能性がない安全な仕組みとなります、そのため安全性はバンキングサービスと同様の高度セキュリティ管理を実現しております。 申請者様の個人情報保護とESTA申請または承認書の安全な管理を高めるために努力しています。
クレジットカードの決済プロセッサーは全世界に1億8千万人の顧客がいるPaypal社によりクレジットカード決済処理は処理されております。 クレジットカード決済会社ペイパルは米国合衆国公式ESTA申請ウェブサイト(https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html)のカード決済も処理をしている信頼できる決済処理会社となります。 公式サイトで使われていることから、国の基準に達したセキュリティ基準で申請者のクレジットカード決済データは保管されています。


エスタの申請を開始

ESTA申請電子渡航認証システムに関する各種注意事項を読み、全ての当サイト利用規約に同意された方のみ以下のESTA申請申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法 ESTA決済可能クレジットカードブランド
アメックスでのカード決済を行う場合、Paypalから支払うを選択し、Paypalのクレジットカード決済画面へ遷移の上、アメックスカードでの支払いを行ってください。
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ