> >

グアム渡航にESTAは必要か解説 もくじ


グアム渡航にESTAは必要か解説


グアム渡航はグアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)に加入されているためmグアムに短期商用・観光目的での渡航予定で、グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムを利用して入国する渡航者は、滞在日数制限やESTAの事前申請は必要ありません。
ただし、最大45日までの滞在となります。入国時にI-94、I-736の書類提出が必要です。 申告書の記入ミスが多くなっております。ミスが発覚した場合は、再記入を求められるケースもあります。 特に、性別欄の記入漏れやマークシートの○欄から塗りつぶしがずれるケースが多いようです。
このようなミスが多いことから、米国国土安全保障省 税関・国境取締局からESTAによるグアム入国を推奨しています。  ESTAがある場合I-736とI-94の確認作業がないためスムーズに入国できます。さらに空港機内での余計な時間を取られず、映画やお酒をゆったり満喫可能です。 より良い渡航とストレスをかけないためにもESTAの取得は非常に有用です。確かなスムーズな渡航のためにもESTA(電子渡航認証システム)のエスタ取得をおすすめ 致します。

ESTAの申請を開始

グアム渡航時のESTA(エスタ)取得メリット

■ESTAの事前申請により審査簡略化され入国審査がスピーディーに!
繁忙期や込み合う時期や到着便が重なった場合、グアムの入国審査は非常に入国まで時間がかかる場合が想定されます。 グアム国際空港にESTA(電子渡航認証システム)所持者のみが使えるESTA専用レーンを試験的を設置。 これに伴い、ESTAを取得している旅行者は、グアム到着後の入国審査にかかる時間が、大幅に短縮されるようになりました。

■各種書類の英語書類(I-94 / I-736 )の記入が不要!
英語で記入が必要な書類2枚を書かなくていいというメリットが御座います。英語が不得意な場合このメリットは大きいです。 また、米国合衆国の公表によると書類の記入ミスが非常に多く発生し、入国に支障が出る方が多くいるため、 心配な方は取得をおすすめ致します。

ESTA取得者専用の優遇レーンにて入国審査を受けれる
さきほどお伝えした英語書類(I-94 / I-736 )がないため入国審査が迅速です。 また記入ミスも起きないため確実性は上です。

■最長滞在期間が45日~90日以内へ
長期滞在する方は必然的にESTA(エスタ)の取得が必須となります。

米国国土安全保障省 税関・国境取締局から発表されている情報


最新 グアム重要情報

米国国土安全保障省 税関・国境取締局は、ESTAによるグアム入国を推奨しています
ESTA取得者は入国書類(I-94 / I-736 )の記入が免除になり、審査も簡略化されます。
また、通常入国審査で数時間並ぶこともありますが、ESTAを取得されている場合はESTA専用レーンにてスピーディーに入国審査を終えることが可能な場合もございます。 空港での入国手続きの短時間化に向けて、皆様のご理解をお願いいたします。

ESTAの申請を開始

北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム条件

以下の条件に該当している場合のみESTAではなくグアムー北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)での渡航が可能です
・グアムまたは北マリアナ諸島のみへ45日以下の入国・滞在する
・譲渡不可で、出国日がグアムあるいは北マリアナ諸島に入国した日から45日を超えないことが確認できる往復の航空券を所持している
・全ての項目に記入され、署名済みのI-736およびI-94を所持している
・ICAO(国際民間航空機関)に準拠し、当該国から発行された有効な機械読取り式パスポートを所持している
・以前に、入国のための諸条件に違反していないこと。以前の入国とは、グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム、これまでのグアムビザ免除プログラム、通常のビザ免除プログラムの米国移民国籍法217条(a)項、およびすべての移民または非移民ビザの入国に関する規定を含む
・台湾居留者は、台湾ナショナルIDカードおよび台湾パスポートを所持した上で、台湾発、乗り継fぎなしの直行便でグアムあるいは北マリアナ諸島に渡航する。ただし、グアム・北マリアナ諸島内(米国領)での乗り継ぎは可能。
これらの条件にクリアする場合のみ北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムにてESTAと査証免除にてグアムへ渡航可能です。

グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)参加国

以下のマリアナプログラム参加国のみESTA免除で入国可能ですが、ESTA専用レーンの利用や入国審査をスピーディーに通過することはできませんので これらの恩恵を受けたい方は別途ESTAの申請を行ってください。

オーストラリア、ブルネイ、香港、日本、マレーシア、ナウル、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、シンガポール、台湾(台湾からグアムへの直行便のみ)、イギリス

ESTA 米国ビザ免除プログラム(VWP)

下記の条件をすべて満たしている場合、ESTAを取得しているとビザ申請が免除されます。
・日本国籍、韓国籍、台湾籍、香港籍などVWPの対象国
(VWP ESTA申請可能国のリストはVWP ESTA渡航対象国一覧をご確認ください)
・有効なICチップ搭載のパスポートを保有している
基本的には帰国日まで有効なものと定められているが、念のため2週間以上の有効期限があると好ましい。
・往復又はグアムから第三国への航空券、もしくは乗船券を所持している
・観光、短期商用、通過目的
・ESTAでの渡航が最長90日間までの滞在

*ビザ免除プログラムは、現在下記の国籍の方に適用されています。
アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、韓国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国


米国グアム入国時に必要なもの

■渡航日時点で有効なパスポート
日本国は6MonthClubの対象国となっているため、基本的に有効期限が帰国日まで有効なものとなります。
ただし、緊急時のために2週間以上の余裕がある方が望ましいです。グアムから第三国へ向かう場合は現地の有効期限規定がある場合もあるため 第三国へ渡航予定の場合は事前に渡航国の情報を入手しておきましょう。

■往復又はグアムから第三国への航空券、もしくは乗船券
定住する意思はなく、帰国する意思があるとしての証拠となります。入国審査時に提示を求められる場合があるため事前に用意されることが好ましいです。


ESTAの申請を開始

グアム国際空港にAPC(自動入国審査端末)が導入


このキオスク端末を利用する場合、入国審査官の方が処理していたパスポートのチェック、顔写真の撮影、指紋採取を機械式に自分で処理できるようになりました。 自動入国審査端末(キオスク)は日本語の画面表示にも対応しています。 キオスクへの入力が終わると顔写真が入ったレシート印刷され、続けて家族の分も続けて登録可能です。 このキオスク端末(APC kiosks)を利用できるのは、ESTAでの入国が前提条件で2008年以降にアメリカへ渡航歴がある人が対象となります。 そのため、初めてのアメリカ渡航の場合は通常の入国審査を行わなければいけません。 この端末での入国審査の場合は税関申告も将来的には機械的に処理できますので税関申告書の記入も不要になる可能性があります。  今回のAPC(自動入国審査端末の導入)によって見込まれる効果は以下の通りです。
・入国審査員がこれまで1人の審査にかかっていた時間で、4人審査の審査が可能
・APC利用対象の渡航者は従来と比べ89%早く入国審査を進むことが可能
・APC利用対象でない渡航者でも従来と比べ33%早く入国審査を進むことが可能
・従来の入国審査ブースに比べ半分と省スペース

グアム政府観光局よりお知らせ
ESTA申請者専用レーンの復活、よりスムーズにグアム入国が可能になりました。
グアム国際空港にESTA(エスタ)所持者のみが使えるESTA専用レーンを試験的に設置しています。 ESTA申請を事前に行い渡航認証許可になると現地での入国審査も簡略化されます。 以前、一度グアムのESTA専用車レーンの制度は廃止されましたが、今年のグアム渡航の人気増に伴いESTA取得者の入国審査専用レーンが復活した経緯があります。 円高に伴い渡航者も増え、アジア圏からグアムへの到着便は同じような時間が多いため、ESTA申請者ではないレーンは大行列になり 1時間以上並ぶこともあるでESTAは申請しよう

米国グアム税関について

グアム国際空港での税関最新情報をお伝えします。グアム入国の際に無税となるのは、下記となります(成人の場合となり、幼児は対象となりません)。
基本的に渡航者は範囲を超えない範囲で各自持ち込むようにしてください。

■酒(アルコール類)約3.7リットルまで
■紙巻きタバコ1,000本もしくは、5カートンまで(IQOSやたばこなども含みます)

現金、トラベラーズ・チェックは、1万ドルを超える場合は税関への申告が必要です。現金を余分に持って行かれる方は制限を超えないようにしましょう。

未成年者のグアム渡航について

未成年者のグアム渡航には渡航同意書を準備されるのが安全です。 詳細につきましては未成年者のグアム渡航について知るべきこと用意するべきこと - ESTA申請日本語を参考にしてください。未成年の渡航同意書のダウンロードと記入例をダウンロード可能です。


エスタの申請を開始

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ