>

CBP Global Entryとは


グローバルエントリー(Global Entry)とは
アメリカ合衆国CBP(税関・国境警備局)のTRUSTED TRAVELER制度のプログラムとなり優先レーンにて入国審査をスピーディーに行えます。Global Entryの登録費用は100米ドルとなり、有効期限は申請してから5年間となります。 このグローバルエントリー参加者はキオスク端末が設置されている特定の米国の空港から入国する場合に限り、 自動キオスクにて機械読み取り式パスポート、米国ビザ米国永住権カードを端末にスキャンし、指紋照合を行った後、 税関申告を行うことで入国可能となります。 このGlobal Entryの承認が下りる前に、申請者は米国内の登録センターで米国税関・国境取締局(CBP)職員による面接を受けなければいけません。

CBP Global Entryを取得すると事前入国審査の認証を受けることでスピディーに入国審査を受けることが可能になります。


CBP Global Entryでの入国のメリット

CBP Global Entryで入国する場合以下のメリットが御座います。

  1. 従来の入国審査の列に並ばなくていい
  2. 税関申告書の記入が不要(キオスク端末で登録するため)

CBP Global Entryの申請対象者

14歳以上でアメリカ市民、アメリカ国籍所持者、米国永住者、特定の他国市民
2016年時点で日本国籍は米国の永住権を取得済みの方のみ対象です。
永住権とは永住者カード (Permanent Resident Card)グリーンカードとも言われていますが、この取得者のみ申請可能です。
2016年時点のグローバルエントリーに登録できる対象国は以下の国となります。

  1. 米国の国民および永住者
  2. 米国ビザを所有するメキシコ国民
  3. スマートエントリーサービス(SES)プログラムに登録されている韓国国民
  4. ドイツ連邦警察局に事前に登録されているドイツ国民
  5. パナマ国民
  6. 英国(イギリス)国籍のお客様
  7. NEXUS(ネクサス)の会員
  8. SENTRI(セントリ)の会員

現在、日本国籍保有者は対象外ですが今後の導入は検討中の段階となります。



日本人も自動端末審査できる?

CBP Global Entryではありませんが一部の空港(ハワイなど)では自動入国審査 (APC: Automated Passport Control)というシステムが導入されており、2009年以降アメリカへの渡航歴があればこの自動入国審査端末にて入国審査を受けることが可能です。
APCは事前登録や会員登録は不要で無料で利用可能です。

ESTAの申請を開始

グローバルエントリーの登録方法


ここからはグローバルエントリーの登録方法を説明していきたいと思います。
Global Entryの申請は、グローバルオンライン登録システム (GOES) から行えます。 Global Entryの登録費用は100米ドルとなり、有効期限は申請してから5年間となります。
このオンライングローバルエントリーの手続き後に面接を受け登録完了します。


ESTAの申請を開始


エスタの申請を開始

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ