>

アメリカのESTA申請後にこれだけは確認したいこと

ESTA申請後

ESTAの申請受付メールが届き、約3日(72時間)以内に渡航許可通知が届きます。 メールに渡航申請番号と有効期限などの情報が届くため、保管しておきましょう。 許可情報が見たいときには、公式サイトからいつでも確認ができます。

ESTAの申請後に確認すること

1. ESTA申請状況の確認をクリック
2. 個人による申請状況の確認をクリック(グループなら、グループによる申請状況の確認)
3. 「私は申請番号がわかっています」「私は申請番号がわかりません」該当する方を選択
4. 申請番号がわかっている場合、パスポート番号 生年月日 申請番号を入力
5. 申請番号がわからない場合、パスポート番号 生年月日 姓 名 国籍を入力

ESTA申請情報

ESTAの確認方法(認証ステータス・有効期限)

有効期限を確認する場合、米国合衆国公式サイトアメリカ合衆国税関・国境警備局にて現在の申請ステータスやESTAの有効期限を確認することが可能...

申請の最終段階でも確認しますが、情報が間違っているか不安なら、すぐに入力情報を確認してください。 誕生日や性別のところって、間違えるわけがないと思って、適当にやってしまいがち。 そのため、普段なら間違えないようなミスをしてしまいます。 間違っている項目があれば、そこから訂正を行いましょう。

ただし、パスポートの情報を間違えてしまうと、もう訂正はできません。 「男なのに女で審査してもらわないといけないの?」「そのままじゃ通らないよ!」 そんなときは、もう一度申請をやり直さなければなりません。


ESTA申請が保留中のときは定期的に確認しよう

ESTAは許可か拒否に必ず変わりますが、審査をしている間は渡航認証保留になります。 ちょっとしたメンテナンスの関係で保留になることが多いですが、約3日以内にどちらかの結果が出ます。 そのため、あまり焦らずに、何度か公式サイトで状態の確認をしておきましょう。

また、申請が正常に終わっていない場合、申請が見つかりませんと表示されます。 もし申請が見つからないときは、登録時の情報と申請時の情報が異なっている可能性があります。 再度審査費用がかかってしまいますが、もう一度申請し直しましょう。 そのままの状態だと、アメリカに入国できませんので、必ず事前に確認しておきましょう。

ESTAトラブル事例

ESTA申請保留の対応方法

ESTAを申請するときには、渡航認証保留と表示される場合があります。 理由があって保留にされるのですが、何が起きると保留になるのでしょうか? また、その際の確認方法...


ESTAの正しい書き方と確認方法を身に付けよう

正しい申請情報の書き方を覚えて、自分でESTAを取得できるようにしてください。 また、提出後もそのまま放置はせずに、ちゃんと許可が取れているか確認するクセを付けましょう。 あなたがスムーズにESTAを使いこなせるように、この記事を参考にしてみてください

ESTA申請情報

ESTA申請の記入例を図解入りで解説

このESTA申請方法解説ページでは当サイトにおけるESTA申請(エスタ米国電子渡航認証システム)の記入例を図解入りで掲載しております。

ESTAの申請を開始

アメリカ渡航情報

アメリカ税関申告書 書き方とわかりやすい解説

アメリカを訪れる際には、アメリカ税関申告書というものが、必ず必要となります。このアメリカ税関申告書がないと...