>

ESTAの有効期限はいつまで?人によって異なる?

ESTA(エスタ)の有効期限は2年

ESTAの有効期限は通常ESTA取得した日から2年間がESTAの有効期限です。
ESTAの有効期限は一般的に申請し審査完了した日から2年間がESTAの有効期限となります。 以下が例外となります。

■パスポートの有効期限が2年以内
パスポートの有効期限が2年以内の場合は、そのパスポートの有効期限とESTAの有効期限が同一のものとなります。

パスポートの有効期限が切れたらESTAも期限切れ

■パスポートを更新した場合 パスポートを更新した場合はESTAはその時点で利用できなく再度申請が必要となります。

上記のように有効期限2年という以外にもパスポートの有効期限ととても関連性があるものですので、 アメリカ渡航前には必ずパスポートの有効期限確認を行ってください。

また、パスポートの内容が変わった場合もその都度ESTAの更新(新規申請)が必要です。 婚姻などを行い、パスポートの登録情報を変更された場合でもICチップ内に保存されている情報は 変更申請を行った後の情報ですので見た目に変化がない場合でもESTAの情報は必ず変更申請後の情報でESTA申請を行ってください。 姓や名前が一致しない場合、航空会社はそのESTA申請を見つけることができず、またパスポートと紐づけることができないため チェックイン時に搭乗を許可されない可能性が御座います。

ESTAの申請を開始

アメリカへ渡航する際、どれくらいパスポート残存期間があればいい?

ある程度のパスポート残存期間が必要

アメリカ合衆国へ渡航する場合、ある程度のパスポート残存期間が必要となります。
必要最低限のパスポート残存期間は帰国予定日まで有効なパスポートとなります。
ぎりぎりの場合は入国審査の際に旅行の予定表を求められる場合もありますので、 ある程度余裕のあるパスポート残存期間がある方が望ましいです。

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法