> >

アメリカでの乗り継ぎ(トランジット)もESTAが必須です!


米国経由便でのESTA必要性

トランジットでアメリカを経由する場合、必ず事前にESTA取得をしてください

米国を乗り継ぎ(トランジット)アメリカ経由便乗り継いでカナダやブラジルその他第三国へ向かう場合も、 事前にESTA(エスタ電子渡航認証システム)への登録と渡航認証許可が必要となります。 必ずトランジット便(経由便)でアメリカ合衆国を経由する場合のみでも、第三国へ渡航する前にESTA電子渡航認証システムの申請を行って下さい。 申請を行った後審査確定まで72時間ほど時間がかかる場合もあり、ぎりぎりのESTA登録し結果が出ない場合は渡航が行えません。 アメリカ政府によれば、事前にエスタの電子渡航認証許可を受けていないと、米国への入国や飛行機への搭乗を拒否されてしまいますので、ご注意ください。

ESTAの申請を開始

下記のESTA申請の条件をすべて満たしている場合、ビザ申請が免除されESTAでのトランジット(乗り継ぎ)が可能です。
ESTAの使用条件


ESTAビザ免除プログラムリスト

*ESTAビザ免除プログラムは、現在下記の国籍の方に適用されています。
アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、韓国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国

ESTAの申請を開始

米国での乗り継ぎに関するよくある質問


米国経由でのよくある質問

質問: なぜ、ESTA(エスタ)申請を行わなければいけないの?

アメリカでは旅行の最終目的地ではなくても、最初に降りた空港で入国審査があります。そのため乗り継ぎするのは入国審査を受けなくてはいけません。 そして、アメリカで入国審査を受けるにはESTAが必要となります。このエスタを取得していない場合、入国審査を受けれないため乗り継ぎなどのトランジットでも 必ずESTAの認証を通過している必要が御座います。

質問: 渡航の何日前までにエスタを申請すべきか

アメリカESTA(電子渡航認証システム)は72時間前にESTA申請を行うことを米国合衆国は推奨しています。 これはESTAの審査時間は約72時間以内となっているためです。ですが大量にESTA全世界から申請されるため繁忙期やシステムメンテナンス・システムトラブルなどが 発生する確率もあり、72時間以上の時間がかかることも稀に発生します。そのため、渡航計画ができたら前もってESTA申請されることをおすすめ致します。

ESTA情報

ESTA(エスタ)は何日前までに申請?

過去の当サイトでのESTA申請事例からESTAの審査にどれぐらい時間がかかるかをまとめております。


質問: アメリカを経由してブラジルへ渡航します。ESTAは必要ですか?

アメリカESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要となります。ESTAが無いと渡航できませんのですぐに取得してください。

質問: アメリカを経由してカナダへ渡航します。ESTAは必要ですか?

空路の場合、アメリカESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要となります。陸路での移動の場合は不要となります。 また、カナダにゅうこくの際にはカナダeTAが必要となりますので、渡航前に申請を行ってください。

アメリカ渡航先別ESTA情報


米国渡航先エリア別のESTA情報は以下のESTA申請解説ページを参考にしてください。 最新の入国情報を入手可能です。
米国を乗り継ぎ(トランジット)第三国へ向かう場合もESTAは必要となります。必ずトランジットでアメリカ合衆国を経由する場合のみでもESTA申請を行って下さい。

>>ESTA申請 米国本土
>>ESTA申請 ハワイ(Hawaii)
>>ESTA申請 グアム(Guam)
>>ESTA申請 サイパン、マリアナ諸島
>>ESTA申請 アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)