>

ESTA(エスタ)は何日前までに申請?

過去の当サイトでの事例から確認できない理由についてまとめております。

ESTA(エスタ)は何日前までに申請?

アメリカへ観光や短期商用で渡航する場合、事前にESTAを取得する必要がございます。 米国本土およびハワイなどの米国諸島へ90日以内の旅行や商用渡航の日取りが決まりましたら、ESTAを申請することが必須となります。 何日前に取得しなければいけないという明確な取り決めはございません。 ESTAの審査時間についてですが、一般的に申請を提出してから72時間以内に審査結果が出ます。 (システムトラブルやメンテナンスがある場合その時間を除く) 米国側のシステムメンテナンスやシステムトラブル、サバ―ダウンなどにより、さらに時間を要するケースもございます。 そのため3日前までに申請されることをおすすめします。


ESTAの時間

ESTA(エスタ)の時間に関するデータ
審査時間 一般的な審査時間72時間以内
適格性の質問に”はい”と回答される場合は72時間以上の審査時間がかかる場合がございます。

審査受付時間 365日24時間(定期メンテナンス除く)
月に1度ほどシステム安定化のため、メンテナンスが実施されております。
また申請フォームの内容が変更されるタイミングで大規模メンテナンスが実施されます。 申請フォーム改定後は申請が殺到するため審査時間が遅れる傾向です。

申請結果通知方法 当サイトの場合、審査確定後メール通知

審査時間がかかる曜日 日曜日

ESTA繁忙期 7月、8月

できればESTA申請は72時間前に

ESTAの審査結果は72時間以内に確定という仕組みで当日審査結果が出る場合が多いですが、繁忙期やメンテナンス後、政治的影響により審査が長引く場合がございます。そのためアメリカ合衆国は72時間前にESTAを取得するようにと周知しております。

数か月後の渡航予定だがESTAの申請は可能か

可能です。前持った渡航予定計画段階での申請をおすすめします

ESTAの有効期限は2年間となります。(パスポートの有効期限が2年未満の場合はパスポート有効期限まで) そのため、渡航予定が数か月後だとしても事前にESTAを取得することが可能です。 ぎりぎりまでESTA申請を行っていないと忘れる可能性高いので渡航お予定を立てた段階でのESTA申請をおすすめいたします。


当日のESTA申請は可能か?

STAを知らなかったや忘れていたなどの理由でESTAを申請される方も多く、結論を言えば審査がスピーディーに進めば渡航時にESTA取得できていれば 当日申請でも問題ございません。ですが、審査が保留となりすぐに審査結果が出ない場合もございます。ギリギリに申請して審査結果が出ない場合審査を早めるということは出来ないということを理解の上、前もってESTAを申請してください。

ESTAの申請を開始

その他のESTAが確認できない理由 失効済み編

ESTAの申請状況確認し、サイト上に「失効済み」もしくは「有効期限が切れています」と表示される場合は取得されたESTAの有効期限が切れているか、
新たなESTAを後から申請または申請が面まで進められたためご自身で失効させたなどの理由となります。ESTAの申請をを確認する際に誤って申請を進め、ご自身で有効なESTAを失効させてしまう事例が多数発生しております。
一度、有効なESTAを失効させるとそのESTAは復活させることはできません。この場合は新たにESTA申請を行い新たなESTA申請番号を取得する必要がございます。

新たなESTA(エスタ)を取得する方法

ESTAを取り直す方法ですが、ESTAはいつでもどんなタイミングでも新たなESTAを申請し、新たな申請番号を取得することが可能です。 失効済みになっている場合やどうしてもESTAが見つからない場合、新規申請をし新しい申請番号を取得し解決することが可能です。 仮に申請済みのESTAがあったとしても、ESTAは一番最後に提出したESTAが最終的に有効なものとなります。 仮に有効なESTA(エスタ)が存在したとしても、新たなESTA提出にてその過去のESTAは自動的に失効済みとなります。 ※ESTAは申請するたびに費用が発生します。再度申請するのは最終的な手段と認識ください。

ESTAの申請を開始

エスタの申請を開始お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

  • ESTA手数料の支払いが可能なクレジットカードブランド一覧