>

ESTA申請 有効期限が切れています(失効済み)はじめに

ESTAをCBPのESTA申請公式ウェブサイトで申請状況を確認した際に有効期限が切れています(失効済み)を解説していきます。ESTAが有効期限切れの場合、そのESTA渡航申請番号では渡航することはできません。ではなぜESTAが有効期限切れとなるのでしょうか。その原因を説明していきます。

ESTAが有効期限切れになる理由

申請したESTA(エスタ)が有効期限切れ(失効済み)となる理由は様々です。

ESTAが渡航認証拒否になる理由一部リスト

  1. ・最長2年間のESTAの有効期限が切れた
  2. ESTAの有効期限は基本的に最長2年間です。ですが自分の所有しているパスポートの有効期限が2年未満の間合いはそのパスポート有効期限が ESTAの有効期限となります。まず初めに純粋に有効期限切れかをご確認ください。

  3. ・確認の際に間違えて失効済みとした
  4. これは操作ミスで失効済みとなるパターンです。確認するのはどうするのかと項目を入れ直し進めていくと既に存在しているESTAがある旨が表示いされ、 既存のESTAをどうするかの問いが出ます。この際に誤って上書き処理をしてしまうと過去に取得したESTAは失効済みとなってしまいます。ESTA審査費用は払い戻されず、そのままの 課金となり、一度失効させたESTAを復活させることもできません。新たにESTAを申請しなおさないといけなくなりますので気を付けてください。

  5. ・新たなESTAを提出した
  6. 新たなESTAを提出すると過去のESTAの有効期限は残っていてもその場で有効期限切れとなります。確認の際も新たに提出したESTA申請番号で確認をしないといけません。

  7. ・米港合衆国側でロールバックがかかった
  8. システムロールバックなどで申請番号が変わることがごく稀にございます。この場合は問題なく渡航可能です。

ESTAが有効期限切れとなった場合の対応方法

一度ESTAが有効期限切れになると、そのESTA申請番号を復活することはできません。 最新のESTA申請番号で有効期限切れとなった場合、まずは以下の手順でそのESTA申請番号が最新のものかを確認してください。

■申請番号不明・申請番号エラーで結果が見れない場合の対処方法
1.以下のサイトにアクセスして下さい。
米国合衆国CBP公式サイト
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
CHECK EXISTING APPLICATIONを押し CHECK INDIVIDUAL STATUSを押してください。 SECURITY NOTIFICATIONが表示されますのでお読みになり同意の上CONFIRM & CONTINUEを 押し、申請情報入力画面へ移動してください。

2 .I Do NOT Know the Application Numberを選択し 性・名前・パスポート番号・誕生日・パスポート発行国を入力して 確認ボタンを押すことで、渡航申請番号がない場合でも 渡航状態を確認してください。
申請ステータス変更の場合もございますので、新たな渡航申請番号を メモして次回アクセス時の為に保管することをお勧め致します。