>

ESTA渡航認証保留とは?

申請したESTAが審査中と意味となります。
この保留状態のステータスとなった場合でも決して悪い結果ではありません。2017年の最新情報としてエスタ申請後、渡航認証保留となるのが一般的です。

2017年最新情報 渡航認証保留の解説

ESTA申請を行った後に渡航認証保留状態となることがトランプ政権になってから頻繁になってきました。
以前まではすぐに渡航認証許可となる場合が多かったのですが審査の厳格化に即時結果が出る状況ではなくなりました。
審査の難易度が大幅に上がったわけではないため日本国籍の場合、審査に時間がかかるようになったが審査通過する割りあいは以前と同様に推移しています。
渡航認証保留(認証は保留中です)から渡航認証許可になるまで 渡航認証保留となった場合も少しの時間をあけるだけでステータスの変更を確認することができます。


米国渡航先をクリックしてください

渡航先の情報も同様に解説していきたいと思います。 今回アメリカの渡航都市の情報の詳細を以下のページから確認可能です。
米国合衆国本土
ハワイ
グアム
米国から乗り継ぎし第三国へ渡航


ワンポイントアドバイス

ESTAの審査結果は通常72時間以内に確定します
渡航前ならいつでも審査を受けることが可能です。そのため前もって申請をすることをおすすめします。
できるならばアメリカへ行こうと決めた時点で審査に通らなければ渡航できないのでチケットの取得前に取得されることをおすすめします。 多くの場合はすぐに審査結果が確定しますので72時間以内でもあきらめないでESTA申請を行って下さい。

ESTAの申請を開始

エスタの申請を開始お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

  • ESTA手数料の支払いが可能なクレジットカードブランド一覧