>

ESTA渡航認証保留とは?

ESTA渡航認証保留を解説

90日間の観光や短期商用の場合、ビザを使わずに渡航できるESTA。 わざわざビザを取る必要がないので、非常に便利な機能です。

しかし、ESTAを申請するときには、渡航認証保留と表示される場合があります。 理由があって保留にされるのですが、何が起きると保留になるのでしょうか? また、その際の確認方法も知っておきたいものですよね。 そこで今回は、ESTA渡航認証保留の意味や確認方法をまとめてみました。 じっくりと読んでみて、あなたの渡航に役立ててください!

渡航申請保留は、ESTAの申請を審議しているときに表示され、ESTAが審査中と意味となります。
この保留状態のステータスとなった場合でも決して悪い結果ではありません。2018年の最新情報としてエスタ申請後、渡航認証保留となるのが一般的です。 「結果が出るまでちょっと待ってくださいね」と書かれているとイメージしてください。
基本的に約3日以内には、ESTAの結果は表示されますので、ゆっくりと待ちましょう。

2018年最新情報 渡航認証保留の解説

2015年から世界的なテロが頻発したことから、ESTAの入国審査は厳しくなりました。 ESTA申請を行った後に渡航認証保留状態となることがトランプ政権になってから頻繁になってきました。
以前まではすぐに渡航認証許可となる場合が多かったのですが審査の厳格化に即時結果が出る状況ではなくなりました。

審査の難易度が大幅に上がったわけではないため日本国籍の場合、審査に時間がかかるようになったが審査通過する割りあいは以前と同様に推移しています。
渡航認証保留(認証は保留中です)から渡航認証許可になるまで 渡航認証保留となった場合も少しの時間をあけるだけでステータスの変更を確認することができます。 そのため、ESTAを申請してもすぐに許可が出るとは限りません。 むしろ、一度は保留中になるケースが多いです。そのため、不安に感じる必要はありませんので、安心してください。

ESTAが渡航認証保留になる理由は?

渡航認証保留になる理由

ESTAが保留になるケースとしては、CBPサイトのメンテナンスが考えられます。 定期的なシステムメンテナンス中は、申請結果が出ることはありません。 しかし、メンテナンスは3日以内に終わるケースばかりです。 そのため、メンテナンス中であっても、3日以内にESTAは確認できるでしょう。

また、ブラックリストの登録者と同姓同名だったケースも考えられます。 あなたが何もしていなかったとしても、たまたま同じということはあるでしょう。

時間をかけて個人情報を確認しながら、間違いがないようにチェックします。 普段の審査より長引いてしまい、渡航認証保留となってしまうでしょう。

ちなみに、ほとんどありませんが、ESTAの申請に失敗しているケースもあります。 元々ESTAが申請されていないのですから、許可も拒否も出せませんよね。 申請が見つかりませんという表示に変わりますので、改めて申請し直しましょう。

ESTAは早めの取得がおすすめ

ESTAは約3日以内に許可・拒否が決まるため、早めに申請しておくべきです。 すぐに結果が出るケースがほとんどですが、最大3日かかることは考えておきましょう。

また申請時の適格性の質問で、間違えて「はい」を選んでしまったら、3日以上期間審査がかかるケースもあります。 このケースだと、許可が降りることはありません。

すぐにCBPに連絡をして、釈明文を送信する必要があります。 ただし、100%承認が降りるとは限りませんので、注意しておきましょう。

ESTAの申請を開始

ESTAの申請が拒否されたときの対応法

渡航認証拒否の対処方法

ESTAが渡航認証保留から拒否になった場合、24時間待てば最新性ができます。 入力ミスで拒否された可能性が高いので、改めて情報を入力し直しましょう。 ただし、渡航認証拒否を受けてしまうと、ESTAの申請は通りにくくなります。 そのため、申請を行うときには、必ずミスのないように入力してください。

また、病歴・犯罪などの項目を間違えてしまうと、渡航認証が降りることはありません。 CBPに問い合わせても、確実に承認されるとは限りません。 さらに、犯罪歴をごまかして虚偽申請をしていた場合、5年間の渡米禁止となります。 ミスなく入力だけでなく、虚偽申請とならないように、十分に注意してください。

ESTAの申請は正しく行おう

ESTAの渡航認証保留は、審査を行っている段階で、約3日以内に結果が出ます。 そのため、少し時間をおいて確認すれば、許可か拒否に変わるでしょう。 渡航認証保留になる場合、システムメンテナンスやブラックリストの確認が原因のほとんどです。 3日以上かかるケースは稀ですが、時間をかけて待つしかありません。

また、ESTAの状態を確認したいときは、公式サイトへアクセスしましょう。 必要事項を入力すれば、いつでもESTAの確認ができます。 さらに、保留から拒否になる場合、入力ミスの可能性が高いので、間違えないように入力することが大切です。

ESTAの申請はミスがないように正しく行い、虚偽申請はしないようにしておきましょう。

ESTAの申請を開始

アメリカ渡航先別エスタ申請方法

渡航先の情報も同様に解説していきたいと思います。 今回アメリカの渡航都市の情報の詳細を以下のページから確認可能です。

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法


ワンポイントアドバイス

ESTAの審査結果は通常72時間以内に確定します
渡航前ならいつでも審査を受けることが可能です。そのため前もって申請をすることをおすすめします。
できるならばアメリカへ行こうと決めた時点で審査に通らなければ渡航できないのでチケットの取得前に取得されることをおすすめします。 多くの場合はすぐに審査結果が確定しますので72時間以内でもあきらめないでESTA申請を行って下さい。

ESTAの申請を開始

エスタの申請を開始お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

  • ESTA手数料の支払いが可能なクレジットカードブランド一覧