>

ESTA申請 英語での住所記入例を図解入りで解説

ESTA(エスタ)の申請の際に住所を英字(アルファベットローマ字)綴りで申請の際に記載する必要があります。
ここでは日本の住所を英語で書く方法を記入例と共に解説していきます。
ESTA申請のフォームはこちらから開けます。

ESTAの申請を開始

ESTA(エスタ)申請 記入例について

例として以下の住所での記載方法を流れに沿って記入例を解説していきます。
では実際の仮の住所例から英語(アルファベット)でのESTA申請フォームへの記入方法を説明していきます。

仮の住所例

東京都港区海岸1-2-3 マンション名 部屋番号123
この上記の例で出した日本語住所を英語(ローマ字読み)したものを記入していきます。
日本語からローマ字記載に変換するのに不安な場合はこちらのサイトから変換可能です。

ESTA申請住所欄実際の記入例について

都道府県/州/地域 の項目については以下のように記載します。

東京の場合はTOKYO

各都道府県の一例を以下に記載しますので参考にして下さい。

続いて都市の英語表記の例を出します。
港区 MINATOKU

最後に住所部分となります。
ここでの英語での記入例のコツとして
逆に記載順序を日本語の逆に書くことです。
順序としては
部屋番号 マンション名 町名 番地の順番となります。
では実際に記載してみましょう。

実際の英語置き換え例

海岸1-2-3 マンション名 部屋番号123

123 Manshonmei
1-2-3 KAIGAN
逆に記載するのが英語でのに住所記載のルールとなります。 このような形でのESTA申請フォームへの記入となります。



ESTA申請の裏技 どうしても英語がわからない

どうしても英語での住所の記入方法がわからない場合は「UNKNOWN」と記入してください。 これでも問題なく審査を提出することが可能です。

万が一スペルミスをしてしまったら?

ESTA申請の際の住所は審査に影響はありません。 そのため少しのスペルミスや入力ミスで審査落ちの対象にはなりませんので安心して記入して下さい。



ESTAの申請を開始

エスタの申請を開始お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ