>

ESTAとは? 米国にはビザなしで入国できる?
渡航の前に必要なESTAとは?

ESTA (電子渡航認証システム)

日本のパスポートは世界的に信頼性が高く、短期滞在であれば、 ほとんどの国にフリーパスでできるといっても言い過ぎではありません。 ビザなしで入国できるための取り決め(一般査証相互免除措置)があり、その条件は国ごとに異なります。 アメリカでは、ビザ免除プログラムと呼ばれる「90日以内」の滞在が可能となるプログラムがあります。
アメリカへ渡航予定のある方はこのESTAを渡航前に取得しないといけません。

2009年1月より、アメリカへビザ免除プログラムで入国する渡航者は、搭乗前に ESTA(電子渡航認証システム)の取得が義務付けられました。乗り継ぎだけでもESTA(エスタ)が必要となります。 2018年12月12日にCBPの審査ルール改定により、即時審査は廃止されました。渡航の72時間前にESTA申請を行うよう強くアナウンスされています。 ビザ免除でアメリカへ空路で渡航する場合は必ず事前に取得してください。
以下のボタンからESTA申請を開始できます。

ESTA申請に必要なもの
以下の情報のみでESTAの申請は可能です。
・パスポート情報 (氏名・パスポート番号・パスポートの有効期限)
・クレジットカード
・申請者の情報(住所などの個人情報)

渡航日ぎりぎりにESTA申請した場合、渡航日までにESTA電子渡航認証の申請結果が出ない可能性がございます。 アメリカへの渡航予定が決まり次第、ESTA申請を行ってください。

米国渡航前に必要な ESTA(電子渡航認証システム)とは?


ESTA制度概要

ESTAとは、訪問者がVisa Waiver Program(VWP)で渡米する適格性があるか、 そしてその渡航が法の執行あるいは安全保障のいずれも脅かす危険性がないかを事前に審査するための電子自動システムのことです。

*承認されたESTA申請は2年間、あるいはパスポートの有効期限のいずれか早い日付まで有効で、 有効期限内であれば、渡航認証許可が継続して出ている場合、何度でも渡米できます。(承認済みのESTAで渡米する場合は、1回につき90日以内の滞在が可能)

以下の場合には、新規のESTA電子認証が必要となります。

・ ESTA(エスタ)をいままでに取得したことない場合
・ ESTA(エスタ)の有効期限が切れた場合
・ ESTA(エスタ)の有効期限内に入国できない場合
・ パスポートの有効期限が切れた場合(パスポート番号が失効するため)
・ 新しいパスポートが発行された場合(パスポート番号が変更となるため)
・ 国籍が変更となった場合 (国籍変更後のパスポートで申請が必要) ・ 婚姻・離婚など名前 or 性別 or 国籍 を変更した場合
(パスポート情報を書き換えた場合のみ)
・ 各種ESTAの質問状況に変化が生じた場合(最新情報の報告義務があるため)
・ 国籍が変更となった場合
・ 性別を変更した場合(ESTAは今のところ、申請時に性別を選択する方式を採っていません。渡航者が最も自然だと感じるいずれかを選択するよう推奨されています。 ESTAでは、単に申請時の選択性別が原因で認証を拒否することはありません。)

以下の場合は有効期限内であれば再度申請不要です。

・ アメリカでの滞在先が変更となった場合(航空会社が代わりにアメリカ合衆国へ申告)
・ 姓名変更となったが、パスポートの書き換えを行っていない場合(ICチップ内の情報がそのままのため)

以下の場合はESTA自体不要です。

・ 米国ビザを取得している場合
・ アメリカのパスポート保持者(入国時はアメリカのパスポートを使用)
・ グリーンカード保持者

アメリカESTA申請 3つの方法

ESTAの申請方法おすすめ

申請代行会社による申請
初めて渡米される方におすすめ。サポートが充実しています。
専門的に業務を行っているため、問題解決能力が高く、万が一のための保険という意味で考えれば 費用は妥当なものとなります。政府サイトに問題があった場合の再度リトライ申請なども行ってくれるため、 一度申請を依頼すれば取得まですべてを処理してくれるため、英語や電子渡航認証システムの制度をあまり把握できてないけど渡航したい方、 すべてを任せたい個人・法人企業などの会社組織に属している方に向いています。

政府のサイトによる申請
一番安価に申請ができますが、各種サポートがついてきません。
万が一問題が生じた場合、英語での電話や問い合わせが必要となります。
原則、本人からの連絡が必要であり英語を話せる必要があります。問い合わせの返答は10日から14日の返答時間が一般的で問題解決まで時間がかかることが一般的です。 渡航日までの日数が少ない方は自己解決が困難な場合、非常にリスキーとなる場合がございます。 また、申請フォームが最適化されていないため、余分な項目が多数あり、申請ページも多いため申請時間が余計にかかります。

旅行代理店での代行申請
航空券を購入した時に窓口相談ができます。少々割高で申請完了までの日数が比較的長く急ぎの方に向いていません。 その旅行代理店で航空券を購入した方しか申込できない場合が多く、相談に乗ってくれない場合が多いです。 相談がある場合、オプション料金での相談になる可能性もありますので必ず事前にオプション料金がないか確認ください。 査証や電子認証を業務として専門的に行っていないため、誤った案内を受ける可能性もあります。 窓口で申し込み手続きが必要であり手続きに時間がかかります。

ビザ(査証)未取得で空路を使いアメリカに入国する際はESTA(エスタ)が必要になります。 ESTAの審査は一般的に72時間以内に審査結果が出るものですが、繁忙期や政府システムにシステムトラブルが起きた場合は通常より時間がかかります。 即時認証制度が撤廃されたため、以前より厳格な審査が行われています。 現在では米国合衆国から72時間前に申請するようアナウンスされています。直前でも結果がすぐに出る場合もありますが旅行プランが決まったら、事前に余裕を持って申請を行ってください。

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法


エスタの申請を開始

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ