>

ESTAとは? 米国にはビザなしで入国できる?
渡航の前に必要なESTAとは?

日本のパスポートは世界的に信頼性が高く、短期滞在であれば、 ほとんどの国にフリーパスでできるといっても言い過ぎではありません。 ビザなしで入国できるための取り決め(一般査証相互免除措置)があり、その条件は国ごとに異なります。 アメリカでは、ビザ免除プログラムと呼ばれる「90日以内」の滞在が可能となるプログラムがあります。

2009年1月より、アメリカへビザ免除プログラムで入国する渡航者は、搭乗前に ESTA(電子渡航認証システム)の取得が義務付けられました。乗り継ぎだけでもESTA(エスタ)が必要となります。 2018年12月12日にCBPの審査ルール改定により、即時審査は廃止されました。渡航の72時間前にESTA申請を行うよう強くアナウンスされています。 ビザ免除でアメリカへ空路で渡航する場合は必ず事前に取得しましょう。

ESTAの申請を開始

米国渡航前に必要な ESTA(電子渡航認証システム)とは?


ESTAとは、訪問者が VisaWaiverProgram(VWP)で渡米する適格性があるか、 そしてその渡航が法の執行あるいは安全保障のいずれも脅かす危険性がないかを事前に 審査するための自動システムのことです。

*承認されたESTA申請は2年間、あるいはパスポートの有効期限のいずれか早い日付まで有効で、 有効期限内であれば、渡航認証許可が継続して出ている場合、何度でも渡米できます。(承認済みのESTAで渡米する場合は、1回につき90日以内の滞在が可能) 米国の係官がオンラインでESTA認証情報を入手しているため、文書のコピーをすることが重要です。
以下の場合には、新規のESTA認証が必要となります。

・ 新しいパスポートが発行された場合
・ 名前 or 性別 or 国籍 を変更した場合
・ 状況に変化が生じた場合

ESTAの申請を開始

アメリカESTA申請 3つの方法

・政府のサイトによる申請 -
一番安く申請ができます サポートがついてきません。

・代行会社による申請 -
初めて渡米される方におすすめ。サポートが充実しています。

・旅行代理店での代行申請 -
航空券を購入した時に窓口相談ができます。少々割高で申請完了までの日数が比較的長く急ぎの方に向いていません。窓口で申し込み手続きが必要。

ビザ(査証)なしで空路でアメリカに入国する際はESTA(エスタ)が必要になります。 ESTAの審査は一般的に72時間以内に審査結果が出るものですが、米国合衆国から 72時間前に申請するようアナウンスされています。直前でも結果がすぐに出る場合もありますが旅行プランが決まったら、事前に余裕を持って申請を行いましょう。

ESTAの申請を開始

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法


エスタの申請を開始

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ