>

ESTA申請をESTA申請代行サイトで行うメリット

代行サイトで行うメリット

ESTA代行申請メリット

ESTA代行申請を検討中の方へ

アメリカに短期商用や観光目的で入国する際にビザを免除するために2009年から義務化されたビザ免除プログラムである「ESTA(エスタ)」 アメリカに入国する際には必ず必要な手続きになり申請を忘れてしまうと飛行機に乗れない、アメリカに着いたのに強制送還されてしまうという恐れもあります。 初めてのアメリカ旅行は不安なことも多くESTAの申請も上手くできるか心配…。そこでトラブルなく渡米出来るサポートをしてくれるのが「ESTA申請代行会社」の存在です。 一人では不安なESTAの申請を代行してくれ、その他にも手厚いサポートで安心して渡米することが出来る強い味方。 今回はESTA申請を代行サイトで行うメリットについてご説明していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ESTAの取得を忘れると、どのようなことが起きるか

アメリカ本土をはじめ、アメリカの島国(ハワイなど)へ渡航する際にこのESTA(電子渡航認証システム)を申請を忘れてしまうと、 飛行機に乗れないことや、仮に搭乗できたとしてもアメリカ到着後の入国審査時に強制送還されてしまう恐れがあります。家族旅行でひとりでもアメリカへ 入国できなかったら大問題となり、誰かの責任問題となりかねません。ESTA申請自体は日本語でも行えるためパスポート情報とその他情報を入力するだけで 申請が可能ですが注意して行わないと問題になるケースがあります。基本的に問題なく申請できればESTAの申請結果は数日で受け取れるものです。早ければ当日中にESTAの審査結果は確定されます。

ESTAの申請を開始

なぜESTA申請代行会社

■英語がわからなくても日本語対応してもらえる
ESTA申請は日本人に馴染みのない手続きであり、その内容も英語での記入が求められます。無駄な任意項目が省かれており、間違えやすい項目に注意書きが書かれていたり、 申請を間違えない仕組みがほどこされてます。住所の記載の仕方など日本と英語では異なる部分や特に質問事項の入力は細心の注意が必要で一つでも入力を間違えてしまうと 認証拒否になってしまい旅行や仕事の商談をキャンセルしなくてはならない…なんてことも。

■間違えにくくわかりやすいESTA申請フォーム
ESTA申請には14ドルの料金がかかり、ミスによる再申請ではその度新たな料金を払わなくてはいけません。 申請代行会社であれば手数料はかかりますが無駄なお金は払わずに一度で承認してもらえることがほとんどです。 また、公式のESTA申請はクレジットカードのみになりますが代行会社ではそれ以外の支払い方法でも可能なのでクレジットカードを持っていない方にもおススメです。

■忙しい時間でもしっかりと申請できる
仕事や渡米準備で忙しくなかなかESTAを申請する時間がとれない…。ESTAについての知識がなくいちいち調べながら申請するのは面倒くさい…。 という方は申請代行会社に必要な情報を伝えるだけであとは全て代行会社が進めてくれるので忙しい時間にも手間がかからず安全にESTAの取得が可能です。

ESTAの申請を開始

ESTA申請代行会社の選び方

ESTA申請代行会社は現在数多く存在しており、小さな個人の会社から大手の旅行会社まで様々です。 しかし、代行会社によってはクレジットカードしか使えないところやオンラインのみでの対応など申請代行を頼む意味がない会社や詐欺会社なども 存在するため代行サイト選びは注意して行いましょう。代行会社を選ぶ際のポイントとしては、料金(ESTA申請代金14ドル+手数料)・支払い方法 ・申請以外のサービスの内容・日本国内の会社であるか・対応の仕方や速さ・ESTA申請にかかる日数・口コミなどを基準に選ぶと良いでしょう。

□ESTA代行会社でしかできないこと
ESTAの取得を申請代行会社に頼むことにより、申請のみだけではなくその他の手厚いサポートが受けられることも大きなメリットの一つです。 どこの申請代行会社もESTA申請を受けるにあたり無料相談を行っていることが多く、ESTAについての知識や申請の手順について詳しく説明してもらえます。 また大きなサポートとしてアメリカへの渡航認証拒否時のサポートや申請情報を無くしてしまった時のサポートなど、現地でのトラブルにも対応してくれるところです。 通常ESTAの申請は72時間前までの申請とさせていますが、申請を忘れてしまった方でも当日の代行申請の対応をしてくれるサービスもあります。

トラブル事例

1番多いトラブルが「渡航は承認されませんでした(認証拒否)」になります。最近はスマートフォンの普及もあり手軽にESTA申請を行う人が増えました。 しかしその手軽さゆえに注意が行き渡らず入力でミスをしてしまい認証拒否になってしまうことも。ギリギリになってESTAを申請しようとして自分で申請したところ、 質問事項での入力ミスにより承認されずハワイやアメリカ旅行に行けなくなってしまった…という事例は多くあります。ESTAは一度失敗してしまうと、 再申請を行うためには24時間の時間を空けないといけない決まりがあるのでそのリスクを無くすためにも手厚いサポートつきの申請代行会社に頼むことをおススメします。

ESTAの申請を開始

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法

エスタの申請を開始 お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。

 
お支払方法お支払方法 クレジットカード一覧
クレジットカード
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

  • ESTA手数料の支払いが可能なクレジットカードブランド一覧