>

両親が離婚している場合の記入方法


両親が既に離婚している場合


ESTAの申請フォーム上には親の情報の入力項目がございます。既に両親が離婚をしている場合、どのような情報を入力すればいいのでしょうか。 記載するかしないかは自由となります。
記載したくない場合や、名前がわからない場合「姓」「名前」ともに「UNKNOWN」という記載で問題ございません。
この回答でもこの回答で認証拒否となる例は非常に少ないものとなります。

なぜ両親の名前が質問されるのか?

日本の法律上、龍審が離婚されている場合アメリカと違いどちらかが唯一の親権者だし監護者となります。 そのため、親権を保有しているので自身の子供を海外に自由に連れていく権利があります。 一方、アメリカでは共同親権や共同監護権が設定されるのが一般的なのでその説明をする違いがあります。 お国が異なり、法律の違いなどからこのような質問が設定されております。

ESTAの申請を開始

影響が出るのはどのような場合か?

両親の名前が重要視されるのは未成年者との渡航や未成年者の単独渡航の場合です。 米国国土安全保障省税関・国境警備局(CBP)では、18歳未満の未成年が単独や片方の親のみ、または親以外の 大人の方と渡航する場合、親の「渡航同意書(英文)」を持参することを強く推奨しています。 未成年の渡航同意書のページを参考に未成年の渡航同意書を用意されることをおすすめいたします。

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法