ESTA ASIAホーム > アメリカビザ面接 攻略法 面接前にこれだけは確認したいこと

アメリカビザ面接 攻略法 面接前にこれだけは確認したいこと


ビザの面接といえば、アメリカに長期滞在(3ヶ月以上)したいと思っている方には避けて通れない、アメリカ渡航前の最後にして最大の準備です。万が一、ビザの発行が遅れてしまったり、発行出来なかったりすれば、その後の予定やかかってくる費用はすべて自己責任で処理しなければなりません。それだけ重要であるビザ面接をクリアするためには、入念な準備、そしてスケジュールの把握が大切です。今回は「アメリカビザ面接の必勝法」と称して、特に面接前のスケジュールや知っておきたいことを中心に、実際に経験を基に「面接前に知っておきたいこと」を紹介します。どうか今回の情報を参考に、余裕を持って気持ちよくアメリカ渡航の日を迎えられれば幸いです。

アメリカビザは何日前から予約できるか


アメリカビザ申請の予約は、基本的にいつでも可能です。しかし、申請するために必要な書類があり、さらに取得するビザごとに書類が異なりますので、それらの書類をきちんと用意できる日程で予約しましょう。もし、面接予定日に書類が間に合わなければ、面接日の変更をしなければなりません。その変更も回数制限がありますので、できるだけ確実に面接ができる日を設定したいものです。

また、予約がいつでも可能だからといって、渡航予定日ギリギリの面接予約はやめておきましょう。なぜなら、面接で必ずビザ発行許可が下りる保証はなく、仮にビザ発行許可が下りても実際の発行には約7日かかるためです。逆にもし、審査に落ちた場合は再度予約をする必要があるため、すぐに再面接もできません。 アメリカビザの面接は早め早めに進めて、渡航3ヶ月前までに完了するように準備をするのがおすすめです。

ESTAの申請を開始

米国大使館での面接予約ができない。どうすればいいか?


面接予約ができない場合は主に以下の2パターンが予想されます。

1. ビザ面接システムの不具合
2. 面接希望日の予約が埋まっている

ではそれぞれ解説していきましょう。 1.の「ビザ面接システムの不具合」は、ビザ申請料金を払っているのに予約が不可の場合や、システム上で「面接予約できる日がない」などのエラーが表示された場合が該当します。ビザの申請料金を払っている場合はこちらのページから問い合わせてください。→ 米国ビザインフォメーションサービス:http://staging2012.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-main-contactus.asp 「面接予約できる日がない」などの表示が出た場合は、まず申請料金等の支払が正常に終わっているかを確認し、確認が取れたら上記のページに問い合わせましょう。

続いて2.の面接希望日の予約が埋まっている場合は、面接場所を変えてみるのもひとつの手です。全国に5箇所(東京、大阪、那覇、札幌、福岡)ありますので、近い会場から予約状況を確認してみましょう。ビザを再度申請するよりは費用や時間が節約できる場合も多いはずです。東京と大阪会場が、比較的予約を取りやすいそうです。

ESTAの申請を開始

アメリカ大使館ビザ面接の予約状況確認方法


面接の予約状況は、申請料金と面接予約のための「プロファイル作成ページ」で確認できます。※面接の予約状況確認には、ビザ申請費用支払い証明となる「レシート番号」が必要になります。

予約状況の確認手順 1. https://cgifederal.secure.force.com/?language=Japanese&country=Japanにアクセス。 2. 登録したEメールとパスワードを入力、「Privacy Policy」の横にチェック、最後に認証ボックスに表示された文字を入力してログインボタンを押す。 3. マイダッシュボードにジャンプする。ここで予約状況アイコンが表示される。

以上のプロセスを踏んで、マイダッシュボードから予約状況を確認できます。ビザ申請料金を支払っていない場合は確認ができませんので注意してください。

また、面接予約日を変更したい場合は変更回数に制限があるので注意しましょう。予約を3回以上変更するか、予定した面接を受けなかった場合(1回目でも2・3回目でも)は、再度ビザ申請料金を支払わなければなりません。ビザ申請料金がかかるほか、面倒な手続きを再度行わなければいけませんので、なるべく避けたいところです。

アメリカ大使館ビザ面接の面接時間は何分?


このように実際の面接時間は短いですが、入場するまでの手荷物検査や、会場内での待ち時間は1~3時間ほどかかりますので、長時間拘束されることは覚悟してください。待ち時間のためにも本などを持っていくとよいでしょう。(携帯電話等は入り口で預かり)

当日必要な「面接予約確認書」には時間が記載されていますが、これは面接開始時間ではありません。「その時間から入場できますよ」という時間になります。もし、この時間に遅れてしまっても入場できることがほとんどですが、あまりにも遅れるのは面接不可となる可能性もあるので注意してください。遅れたとしても15分以内には会場に到着するように準備して、不測の事態に備えられるようにしましょう。

アメリカ査証面接の審査に落ちたらどうする?


面接の合否は、その場で面接官から言い渡されます。その結果、落ちてしまった場合は日を改めて再度面接にチャレンジする必要があります。また、規則上ビザ申請からやり直して、再度料金も払う必要があります。

当日必要な「面接予約確認書」には時間が記載されていますが、これは面接開始時間ではありません。「その時間から入場できますよ」という時間になります。もし、この時間に遅れてしまっても入場できることがほとんどですが、あまりにも遅れるのは面接不可となる可能性もあるので注意してください。遅れたとしても15分以内には会場に到着するように準備して、不測の事態に備えられるようにしましょう。

ビザ申請は1度目と同じようにシステム上で行って面接日を予約するだけですが、一度落ちてしまったということで追加準備をしなければ、同じ結果になる可能性が非常に高いです。このビザ申請に落ちてしまう理由ですが、ほとんどのケースが「申請者がアメリカに移住する可能性がある」と疑われたケースです。(在日米国大使館・領事館のサイトにも記載あり→ https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/nonimmigrant-visas-ja/if-you-were-denied-a-visa-ja/)

具体的に言えば ・アメリカで就職をしようとしている
・アメリカで結婚しようとしている
・アメリカで不法に滞在しようとしている

などの疑いがかけられています。面接官達はアメリカの代表として「すべての訪問者はアメリカに移住しようとしている」とみなして審査していますので、日本に戻ってくることを強調し過ぎるくらいで伝える意識を持って再面接に臨んでください。

再度ビザ面接を受ける際の具体的な準備とは(筆者の例)


上記のように、一度「移住の意志あり」と疑われた場合、それを覆す証拠が必要になります。かくいう筆者も一度面接に落ちてしまいましたが、2度目の申請で無事審査に通ることができました(2016年12月)。

当では具体的に何を追加準備したのか、以下に例を挙げてみます。
・追加の残高証明書(家族にお願いする。実際には使わない場合でも資金の証明となり、就労しない意思表示となる)
・財産の証明書(自身が日本に保有している財産。たとえば家や車など。財産があるので日本に戻るよと説明する)
・家族からの帰国希望書(家族からどうしても帰ってきて欲しい旨を記載する)
・現在の会社もしくは帰国後の雇用先からの手紙(帰国して働く意志を見せる)
・帰国後に日本で働く意志を強調したエッセイ(英文。)
・弁護士からのレター(10数万円かかりましたが、面接官に意味がないと言われた)
・その他日本に戻ってくる証拠となり得るものがあれば

などを用意しました。筆者は夫婦でビザ申請をして、一度拒否されたかなり危ないケースだと思いましたが、見事通過することができました。上記のような「目的達成後に日本へ戻る強い意志」をはっきりと伝えることができれば、ビザ申請は通るはずです。逆に、日本に戻る意志があっても、その意志を伝えきれない場合は落ちる可能性がありますので、面接時の受け答えも十分にシミュレーションして次回の面接に備えましょう。

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法

エスタの申請を開始 お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。

 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

  • ESTA手数料の支払いが可能なクレジットカードブランド一覧
  • ESTA