>

ESTAとビザの違い。どちらを取得すればいいのか

ESTAとビザの違い。どちらを取得すればいいのか

ビザとESTAの違い

 ビザは、アメリカに入国する場合に、法律で全ての外国籍の方に必須になります。ビザを申請していない外国人観光客は、米国内の国境管理局から入国を許可されません。一方、ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)に基づいての電子渡航認証システムになります。  このESTAは、2009年1月から米国国土安全保障省(DHS)が義務化しました。アメリカに渡航するために航空機・船に搭乗場合は、事前のオンラインでESTAを申請・渡航認証の受領が必要になります。 このビザ免除プログラム(VWP)には、日本を含む 38 カ国がビザ免除プログラム(VWP:Visa Waiver Program)に参加しています。


ESTAとビザどちらを取得ばいいか

 ビザには、就労ビザや観光ビザなどがあります。ビザは、多くの場合、1ヶ月から6ヶ月の有効期間になります。加えて、帰国の意志の証明書などの提出・米国大使館又は領事館でビザ申請の面接が必要になります。  一方、ESTAは、ビザ免除プログラム(VWP)を満足する場合に簡単な電子申請で対応可能にになります。ESTA 渡航認証は、2年間有効であり、アメリカに連続滞在は、最大90日可能になります。  アメリカへの観光旅行あれば、ESTAの申請が、申請手続きと費用を考慮すると最良の選択になります。

どのような場合ESTAを申請するか

 アメリカへの渡航目的が 観光 商用もしくは第三国渡航のための経由の場合は、ESTAの申請の対象になります。ESTA申請ができないケースは、留学・就労・永住についてはESTAの申請の対象になりません。この場合は、ビザを申請する必要があります。  ESTAの申請が可能な対象をもう少し具体的に解説していきます。以下の①②を眺めるとESTAの申請の範囲が比較的広くて旅行といっても幅広い目的があろうかと思います。ESTAは、この幅広い目的を広く含んでいることが分かります。

①商用目的の渡航 取引先との会合・科学・教育・専門・ビジネス分野の会議への参加・財産の処理・契約交渉
②観光旅行目的の渡航 (旅行・休暇・娯楽・友人や親族の訪問・休養・治療・同窓会や社交・奉仕活動など及び報酬を伴わない音楽やスポーツなどイベント或いはコンテストのアマチュア参加・通過目的の渡航-米国を通過)

 次に、ESTAを申請する場合のパスポートは、ICチップ付の有効なパスポートが必要になります。このパスポート有効期限は、90日以上であることが望ましいです(パスポート有効期限が90日未満であるから必ずしもNGになる訳ではありません)。パスポートの発給国も指定があります。例えば、日本・イギリス・オーストラリア等々になります。

ESTAの申請を開始

ESTAで渡航できない場合はビザ申請が必要

 ICチップ付の有効なパスポートがあって、日本国籍を有する方は、原則的にESTAを通して渡航が可能になります。ESTAの申請後に、一般的には72時間以内に審査結果が得られます。安心のためには、渡航の1週間から3週間程度前には、ESTAの申請をされることをお薦めします。ESTAの申請には、パスポート番号も必要になりますので、パスポートを初めて取得される方・パスポート再申請される方は、余裕をもってパスポート取得を計画する必要があります。

 次に、ESTAの有効期限が2年とならない場合があります。この点に注意が必要になります。この問題が発生するケースとして、ESTAの有効期限内でパスポートの有効期限が切れる場合です。この場合は、ESTAが有効期限内であってもESTAが無効になります。

ESTAで渡航できない場合はビザ申請が必要

 ICチップ付の有効なパスポートがあって、日本国籍を有する方は、原則的にESTAを通して渡航が可能になります。ESTAの申請後に、一般的には72時間以内に審査結果が得られます。安心のためには、渡航の1週間から3週間程度前には、ESTAの申請をされることをお薦めします。ESTAの申請には、パスポート番号も必要になりますので、パスポートを初めて取得される方・パスポート再申請される方は、余裕をもってパスポート取得を計画する必要があります。

 次に、ESTAの有効期限が2年とならない場合があります。この点に注意が必要になります。この問題が発生するケースとして、ESTAの有効期限内でパスポートの有効期限が切れる場合です。この場合は、ESTAが有効期限内であってもESTAが無効になります。

ビザを申請しないといけない場合

 ESTAの申請ができない場合があります。大きく以下の6項目に該当される方は、ESTAの申請ができない場合があります。なお、6項目目は、2015 年ビザ免除プログラム改定およびテロリスト渡航防止法による規制により追加されたものですので、過去のESTAを申請された方もご注意を下さい。
1) 日本国籍であっても、イラン・イラク・スーダン・シリアのいずれかの国籍を有する二重国籍の方
2) 米国移民法における逮捕歴・犯罪歴
3) 特定の重大な伝染病を患っている方
4) 米国より入国拒否をされた方・強制送還になった方
5) 過去にESTA認証による渡航を行い90日を超えて米国にオーバーステイした方
6)2011 年3 月1日以降イラン・イラク・スーダン・シリアに渡航歴のある方及び現在在住している方

 ESTAの申請が、難しいと思われる方は、基本的にはビザを申請することになります。そのビザを申請する前に、先ずは、ESTA ASIA(エスタ申請アジアセンター)などに問合せされることをお薦めします。その上で、ビザの申請に関して、米国大使館又は領事館に相談されることをお薦めします。

ESTAの申請を開始

渡航先別情報

ハワイ渡航に必要なESTA情報

ハワイへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやハワイ入国の流れを解説

渡航先別情報

グアム渡航に必要なESTA情報

グアムへ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやグアム入国の流れを解説

渡航先別情報

サイパン、マリアナ諸島渡航に必要なESTA情報

サイパン、マリアナ諸島へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやサイパン、マリアナ諸島入国の流れを解説

渡航先別情報

米国本土渡航に必要なESTA情報

米国本土へ渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものや米国本土入国の流れを解説

渡航先別情報

米国乗り継ぎ渡航に必要なESTA情報

アメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)で渡航予定の方向けの情報となります。ESTA申請に必要なものやアメリカ乗り継ぎ(トランジットの場合)方法