>

ESTA アメリカ渡航に必要なパスポート残存期間はどれくらい必要?

アメリカへ渡航する際、どれくらいパスポート残存期間があればいい?

アメリカ合衆国へ渡航する場合、ある程度のパスポート残存期間が必要となります。
必要最低限のパスポート残存期間は帰国予定日まで有効なパスポートとなります。
ぎりぎりの場合は入国審査の際に旅行の予定表を求められる場合もありますので、 ある程度余裕のあるパスポート残存期間がある方が望ましいです。

渡航には90日以上の残存期間が必要と聞いたが?

知識経験のない旅行会社から案内された場合、90日以上の残存期間が無いとNGという回答する場合がございます。
これは正式には間違った回答となります。正しくは90日以上のパスポート残存期間があるのが望ましいというものであり、 日本国籍保持者の場合、90日以上パスポート残存期間がないと渡航できないという規定はございません。
この間違った回答でパスポートを新しく作り直してしまう方もいらっしゃいますが、数日などの通常の渡航の場合は気にしなくても 問題のないものとなります。間違った案内で不必要なパスポートを作成しないようお気を付けくださいませ。

なぜ90日以下の残存期間で大丈夫なのか?

ESTAに有効期限延長という更新制度はありません。ESTAの有効期限が切れた場合や再度審査を受けなおしたい場合は新たに新規提出を行い審査を受ける必要があります。更新手続きではなく、厳密には審査を新たに申請を行うことですので、費用も再度発生します。

そのため、頻繁にアメリカへ渡航する方は2年に1度はESTAの申請が必要です。

ESTAの申請を開始

なぜ90日以下の残存期間で大丈夫なのか?

日本国籍保持者及び一部国籍保持者は6 month clubに加盟しております。
加盟国の場合はアメリカ渡航の際に様々な入国条件に対しての優遇措置を受けられるものとなります。
6 monyh clubについての詳細は別ページに掲載しております。詳細な情報を希望の場合は 6 monyh club解説ページにてご確認くださいませ。

ESTAの申請を開始


エスタの申請を開始お申込み

各種注意事項を読み同意された方は以下のお申込みボタンから申請をスタートしてください。
 
お支払方法お支払方法
 
インターネットでのお問い合わせインターネットでのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ